ザラバと板寄せ申込み
先物取引比較 >>ザラバと板寄せ

ザラバと板寄せ

商品トレードの情報には、よく「ザラバ」「板寄せ」という単語が出てきます。何のことでしょう。
実は、取引所における各商品の取引方法を表しているのです。

ザラバ取引とは

ザラバ取引とは、株式取引などと同じ方法で、取引開始時間、取引終了時間が決められていて、その間は自由に取引価格が決められる取引方法です。

取引時間は「前場(ぜんば)」と呼ばれる午前9時〜11時「後場(ごば)」と呼ばれる12時30分〜15時30分の間です。この時間に買いと売りの注文が、コンピューター上で照らし合わされ、連続的に値段が決まっていくのです。
取引開始の最初の値段を「寄り付き」取引終了時の値段を「引け」と呼びます。

ザラバ方式では、市場に出された注文の「買い」と「売り」の値段と数量とが合致すれば連続して売買が成立します。注文では指値注文よりも成行注文が優先して扱われます。
また「買い指値」の場合はより高い値段の注文が、「売り指値」の場合はより低い値段の注文が優先して扱われます。

現在ザラバ取引が行われているのは、東京工業品取扱所の上場商品だけです。金・銀・プラチナなどが取り扱われています。

板寄せ取引とは

ザラバ取引と違って、日本の商品取引特有の取引が「板寄せ」と呼ばれる方法です。

東京穀物商品取引所の上場商品である、トウモロコシ・大豆・コーヒー豆・砂糖、中部商品取引所で扱われている原油・ガソリン・灯油、大阪商品取引所のアルミニウム・ゴムなど多くの商品が「板寄せ取引」で扱われています。

板寄せ取引では、午前9時〜15時30分の取引時間の間に、通常は午前(前場)3回・午後(後場)3回の取引が行われ値段が決まっていきます。
この取引タイムはそれぞれ「節(せつ)」と呼ばれ、前場1節・前場2節・前場3節・後場1節・後場2節・後場3節と呼ばれます。

値段の決め方は、節ごとに売り数量と買い数量の合計を比べ、買いが多ければ価格を上げて買いを減らす(売りを増やす)ように、売りと買いの数量を調節します。
板寄せ取引では、節ごとに両方が一致した価格で全ての注文が成立します。その為「単一約定値段方式」というのが正式名称です。
最終的には、各銘柄の各限月ごとに単一の約定価格が決定されます。

このように板寄せでは売りと買いの数量が一致して価格が決まります。約定前でも大体の値段がわかるので、取引が分かりやすいというメリットがあります。
その反面、めまぐるしく変化する状況には対応しにくい面もあります。

ネットトレードの取引方法

ネットでの取引の場合は、刻々と変化する価格に対して、タイミングよくオーダーを出すのがその醍醐味です。ですので、ネットトレードの場合は主にザラバ方式で取引されています。

先物取引比較 >>ザラバと板寄せ
申込み