信用で選ぶ申込み
先物取引比較 >>信用で選ぶ

信用で選ぶ

信用のできる取引会社を選ぶ

リスク管理のためには、信頼できる取引会社を選ぶことが大切です。
選定のポイントは以下のとおり。

選定のポイント

しっかりした経営基盤を持っているか

まずは「しっかりした経営基盤を持っているか」を見極めましょう。 見極めのポイントはこの3点。

  • 資本金の額が一定以上あること(最低でも5億円以上)
  • 出資団体が信頼性のある会社であること
  • 財務状況が健全であること

などが上げられます。
その点を踏まえ、2005年に商品取引所法が改定され商品取引会社の出資金や財務状況などに一定の基準が設定され、これをクリアしていない企業は取引活動そのものができないことになりました。

リスク管理のしやすいツールが揃っているか

画面が使いやすいことも大切値動きの幅が大きい商品先物取引では、トレードに合わせてスピーディーな取引ができ、リスク管理もできるツールが揃っているトレード状況が必要です。

その為には画面の操作性や構成の分かりやすさも必要になります。
デイトレーダーを目指すのであればチャートと注文画面を1つの画面で表示できたり、わずかな時間でスピーディーに発注できることが必須条件となるでしょう。

使いやすいツールはリスク管理にも繋がります。わかりにくい、使いにくい取引画面では、現在自分の取引がどのような状況にあるのか把握することが難しくなってしまい、そのままリスクに繋がります。

使い勝手の良さは個人によっても感じ方が違うので、各社のサンプル画面デモトレード画面で見比べて見ましょう。

システムが安定しているか

また、システムの安定性も大切です。肝心なときにシステムが不安定だと、利益を逃したり、損に繋がってしまうことも考えられます。システムの障害は100%防げるものでもありませんが、万が一のときにどのように対応するのかの記載があるかどうかをチェックしましょう。

またモバイルでも十分な機能が使えるかどうかという点も重要だといえます。
モバイルはまだ発展途中のツールともいえますので、注文方法に制限があったり、使えない機能があったりすることもあるので、よく確認しておきましょう。


先物取引比較 >>信用で選ぶ
申込み