商品先物取引の仕組み申込み
先物取引比較 >>商品先物取引の仕組み

商品先物取引の仕組み

「買い」と「売り」から取引をはじめられる

先にも説明しましたが、商品先物取引は「買い」からも「売り」からも取引を始めることができます。
この「売り」からも入れるところが先物取引の特長です。まずはここをポイントとして覚えておきましょう。

「買い」から入るケース

利益が出る場合

現時点で「金」を1g=2,000円で買ったとします。時間が経って、金の価格が2,100円になっていたとします。

このときに売却すると1gあたり100円の利益になります。
金の売買単位は1kg(1,000g)ですから、100円×1,000g=10万円の利益が出るのです。
(※実際は手数料などが引かれます)

損になる場合

逆に1g=1,900円まで下がってしまったとします。
このときに決済すると、100円×1,000g=10万円の損失が出てしまうのです。

「買い」から入るケース

「売り」から入るケース

利益が出る場合

「買い」とは逆に、「金」を1g=2,000円で「売り」から入ります。
その後で1,900円になったところで買い戻します。
そうすると100円×1,000g=10万円の利益が出ます。
(※実際は手数料などが引かれます)

損になる場合

逆に2,100円まで上がってしまうと、売値より高い値段で買い戻すことになりますので、その分が損失になります。

「売り」から入るケース

実際の取引では

実際の取引では、手数料などが絡んできますのでもう少し複雑に考える必要があります。

「東京金4月限」を1枚2,000円で「買い」の場合

必要な証拠金は、仮に10万円とします。手数料は片道500円、往復1,000円とします。
このとき必要な経費は、証拠金10万円+手数料1,000円=101,000円です。

その後金相場が値上がりし、2,100円まで上がったときに決済します。

1gあたりの利益は2,100-2,000=100円です。金は1枚あたり1,000gですから、100円×1,000g=10万円の利益になります。
そこから手数料を差し引くと、10万円−1,000円=9万9千円 この分が純利益となります。
純利益が出ていれば、証拠金(最初の10万円)が戻ってくるので、10万円+9万9千円=19万9千円が手元に残ります。

このような流れになります。「証拠金」など詳しくは後ほど説明しますが、取引の大体の流れはこのようになっています。


先物取引比較 >>商品先物取引の仕組み
申込み