先物取引の魅力申込み
先物取引比較 >>先物取引の魅力

先物取引の魅力

先物取引の魅力って?

先物取引には以下のような魅力があります。

  1. 少ない資金でも取引が行える
  2. 「売り」からでも利益を得られる
  3. 短期間で利益を追求できる
  4. 有価証券が有効に活用できる

少ない資金でも取引が行える

先物取引では、「証拠金取引」といって、取引する商品の総購入代金の5〜10%程度の証拠金を払い込めば総額での取引に参加できます。この効果を「レバレッジ」効果といいます。
レバレッジとは「てこの原理」のことで、少ない力で大きなものを動かすことができるのです。

このレバレッジが適応されることにより、最初の資金が株式などの他の取引よりも少なくて済みます。

FXなどでもレバレッジ取引は行われていますが、その代表といえるのが先物取引です。

少ない資金で取引が行える

「売り」からでも利益を得られる

一般的に、株などでは、価格が上昇することを期待して「買い」から取引を行いますが、先物取引では価格が下降すると予測したときに「売り」から取引を始めることができます。その後実際に値下がりしたら「買い戻し決済」をすればその差額分を利益にできるのです。

価格が上がりそうだと予想するときと、下がりそうだと予想するときの両方が利益を得られるチャンスになるのです。

短期間で利益を追求できる

価格の上下が激しく値動きが大きいので、短い期間でも利益を追求できます。
さらに、先に述べた「レバレッジ」を適用すると、少額でも大きな利益が狙えます。

有価証券が有効に活用できる

先物取引では株券や債権を証拠金として活用できます。

レバレッジ

レバレッジ例えば、30万円をレバレッジ10倍で運用していたとします。取引総額は300万円です。
これが値上がりして330万円になったとします。すると30万円の元手で30万円の利益が得られるのです。 結局元手が2倍に増えるほどの利益が得られるのです。
しかし、もちろん値下がりしてしまった場合はその分が損になります。 総額300万円のものが270万円になったとすると、マイナス30万円の損失です。 つまり30万円あった元手はなくなってしまうのです。
もちろんレバレッジを高くするとそれだけリターンも大きくなりますが、その分リスクも大きくなります。

先物取引と経済

先物取引は経済が成り立つ上でも重要な役割を担っています。

価格形成

先物取引は毎日セリが行われている公開市場であり、様々なものの価格の目安として使用されます。
これにより、効率のよい取引がなされるようになります。

需給調節

半年先、1年先の商品を取引することで将来の需給調節を行います。

プライスリスクヘッジ機能

各業者は、価格変動があった際、先物市場を利用して売りつなぐことで損失をカバーすることができます。

資産運用

資産運用の場を提供し、より多くの参加者で公正な価格と売買の円滑化を実現します。


先物取引比較 >>先物取引の魅力
申込み