先物取引は怖くない申込み
先物取引比較 >>先物取引は怖くない

先物取引は怖くない

先物取引のイメージ

「先物取引」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。
「難しそう」「よくわからない」さらに「なんだか怖そう…」という意見もあると思います。先物取引に悪いイメージを持っている人は少なくありません。

それはなぜでしょう。

確かに以前は、一部の先物取引業者が顧客の資金を借用したり、騙し取ったこともありました。
そうした一部の悪質な業者が起こした事件により「先物取引は怖い」という悪いイメージがついてしまったのではないでしょうか。

しかしそうした被害を期に、規制や監督が厳しく行われるようになりました。商品取引所法は何度も改変され、経済産業省農林水産省による監視がより厳しく行われるようになりました。
2005年の法改正では新たにクリアリング制度ができました。これは、万が一商品先物取引業者が倒産したとしても、顧客の資産を保障するという制度です。

また、電話などによる勧誘方法についても厳しい規制がかけられるようになりました。
商品先物取引が国際化するとともに、業界全体で自主規制を行い、顧客へのサポートに真剣に取り組むようになってきているのです。

先物取引のイメージ

手数料の自由化がより良いサービスへ繋がる

手数料の自由化がより良いサービスへ繋がるさらに、2005年からは先物取引の手数料が自由化され、商品先物取引業者は業者同士の厳しいサバイバル体制に移行しました。

各社が顧客を獲得するためには、顧客へのサービスを充実させる必要があります。サービスを重点においた結果、これまでの顧客への対応が見直されることとなったのです。

以前のように、取引業者が資金の返却を滞ったりした場合には、営業停止処分となってしまうこともあります。仮に営業停止処分が下ると、その業者の信頼を下げ、収入の激減を余儀なくされます。業者にとってはとても厳しい処分になりますので、そのような危険を冒してまで顧客を勧誘するようなことは行われなくなったのです。

もしも、商品先物取引において業者になにかしらの不信な点があったとしたら、日本商品先物取引協会の相談窓口に相談しましょう。調査の上、業者には処分が下ることになります。


先物取引比較 >>先物取引は怖くない
申込み